湿疹

手湿疹の対策について

乾癬とよく似ている「手湿疹」という病気は、水を使う作業をしている仕事や主婦の方に多い病気となっています。
乾癬と手湿疹はよく間違われますし、もともと乾癬をもっている方は手湿疹にもなりやすいといわれていて、線引きは素人にはわかりにくいものです。
どちらも肌が乾燥した状態になり、一部はかゆみを伴いますので、皮膚科で判断してもらうことが確実です。
治療方法もその時々の判断によって違ってきますので、勝手な判断で薬を塗らない方がより良いでしょう。
乾癬と手湿疹はまったく別の病気ですので、それぞれに合わせた治療が望ましくなります。
手や指がひどく乾燥する、皮膚が硬くなる、手や指の皮膚に亀裂が出るといった症状が現れた場合には、手湿疹を疑った方が良いでしょう。
また、季節やもともとの体質などの影響もありますので、症状を長引かせないためにはやはり皮膚科での早期治療が望ましいとされています。
手湿疹になる原因としては、角質の水分がなくなったり、角質そのものが傷んでしまったりすることのほか、長時間の水仕事や洗剤といった外的要素がほとんどです。
できるだけ手を保護するようにしておけば、手湿疹になりにくい状況になり、外的要素からも守られるというわけです。
対策方法としては、洗剤をきっちりと洗い流し十分に拭いたり、保湿剤をこまめに塗る、手袋をして作業をするというように手を守ることが重要となります。

湿疹と乾癬記事一覧

手湿疹の治療方法について

手湿疹とは手や指先にできる湿疹のことであり、一度かかってしまうとなかな...

≫続きを読む

湿疹 大人の症状

大人の場合湿疹ができる原因としてはストレスや体調不良などが挙げられます...

≫続きを読む

湿疹の痛み

湿疹はかゆみを伴いますが、かいてしまと痛みになることもあります。かきす...

≫続きを読む

頭皮の湿疹対処法

頭皮にも湿疹が出ることがあります。症状としては、外からみると分かりにく...

≫続きを読む

湿疹対策 病院選び

私の娘が湿疹で病院にいったときの話ですが、まだ3歳でした。医師は症状を...

≫続きを読む