乾癬 漢方薬

漢方に即効性を期待しないこと

「民間治療には漢方」というようなイメージがありますが、多くの医療機関でも処方されます。
正しく症状を診断した上で処方された漢方薬によって、乾癬の肌の改善効果も期待されます。
西洋医学とは違う独自の考え方が、漢方薬にはあります。
体力の質的充実度を表す「虚実(きょじつ)」、全身状態を表す「証(しょう)」、炎症の有無を表す「陰陽(いんよう)」を判断し、症状や体質に応じて処方されます。
漢方薬を用いた乾癬の治療には体質改善、湿疹や赤みなどがひどい場合の湿疹に対する対処療法というふたつの方法があります。
対処療法では症状によって使用するものが異なりますが、一般的に『治頭瘡一方(ちづそういっぽう)』が多く使用されます。
体質改善による治療としては免疫力を調整して免疫バランスの乱れを整える漢方薬を用い、体質から改めて症状の改善を図ります。
主に『小柴胡湯(しょうさいことう)』、『柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)』、『補中益気湯(ほちゅうえっきとう)』といったものが用いられます。
正しい診断に基づいて体質と乾癬の症状に合う漢方薬が処方されると、症状の改善に大きな効果があります。
免疫のバランスが崩れる原因は人によって違いますので、改善に必要な漢方薬も異なります。
体質改善の効果が現れるまでには時間がかかりますが、焦らずじっくりと取り組みましょう。
漢方薬の服用を実際に続けてみると、アレルギー体質が改善される上に風邪をひきにくくなったといった例も多くあります。