乾癬 子供

とにかく保湿が必要

子供はまだ、皮膚が完全に発達していない未熟な状態にあり、皮膚の厚さでいうと大人に比べて半分程度です。
大人の皮膚と同じように考えていてはいけません。
乾癬につながる日常生活上の要因にも注意しながら毎日を過ごす必要があります。
子供のスキンケアも考えて肌を守ってあげなければなりません。
小さな子供の肌が持っている抵抗力は非常に弱いものであるため、気温の変化や乾燥、ダニやハウスダスト、雑菌といった外的要因による影響を受けやすくなっています。
特に冬になると乾燥してきますので、皮膚の薄い子供は身体全体の乾燥に気をつけなければなりません。
全身の保湿に注意するということです。
小さな子供のうちから保湿グッズを使用することには抵抗のあるお母さんも少なくありませんが、子供は乾燥肌のために乾癬の症状だけでなくあせもができたり、水いぼやとびひといった皮膚のトラブルに襲われることもあります。
小さな子供は我慢することができませんから、かゆいところは力いっぱいかいてしまいます。
当然患部の状態は悪くなり、さらにかゆみも強まってしまうことになります。
子供の乾燥肌を予防するためには、とにかく保湿が必要であるのです。
肌がデリケートな子供の場合、お風呂できれいに洗った後にしっかり保湿も行うということが重要です。
お風呂に入った後は特に乾燥しやすいタイミングでもありますので、保湿剤を使ってすぐに水分を補うことが理想です。
使用するスキンケア用品には界面活性剤や香料、着色料といった刺激分の含まれていないものを選ぶようにしましょう。